読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2019年ラグビーワールドカップの予選プールの抽選が行われ、日本はプールAになったそうです。

f:id:nqumen:20170510221302j:plain

2015年のラグビーワールドカップでは日本が南アフリカに逆転で大金星をあげたり、五郎丸選手が一躍有名になったりとそれまでマイナーな感じが否めなかったラグビーがかなり盛り上がったのですが、2019年のワールドカップが日本で開催されます。
今日1次リーグのプール組み分け抽選会が京都で行われ、プールAになったとのことでした。

日本はアイルランド、スコットランドと同じプールになりました

日本はプールAでアイルランド、スコットランド、まだ予選をやっている、欧州予選の1位のチーム、欧州予選の2位とオセアニア予選3位のプレーオフ勝者チームと同じプールとなりました。

世界王者のニュージーランドやイングランド、オーストラリア、南アフリカなどの優勝経験のある強豪国とは別のプールになりましたが、アイルランドやスコットランドも格上の国ですので、またジャイアントキリングを起こせるのか、とても楽しみです。

スコットランドは前回のワールドカップで負けた相手ですが、今回はリベンジなるか、といったところも見所かと思います。

日本全国で試合が行われるみたいですね

日本大会では北海道から九州までいたるところで試合が行われるようです。
仙台から近いところだと岩手でも試合があるようですね。
日本ではどれだけ日本以外の出場する試合が盛り上がるのかは分かりませんが、見に行ければ良いなぁと思います。

最後に

ワールドカップまではまだもう少し間が開きますが、今年の9月頃には試合日程等も決まってくるとの事。
6月には同じプールのアイルランドとのテストマッチもあるようですので、まずはそちらから楽しみにしたいと思います。
前回の盛り上がりからすると、民放での放送もあったりするのかしら?

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました、

スポンサーリンク