読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京タラレバ娘 第4話

ドラマ

なかなかオンタイムで見れてないのですが、かかさず録画してみてます。
筆者的にはCM飛ばせるので録画の方が好きですね…
ネタバレ要素含みです。筆者と同じように録画派の方は注意です。

第4話のストーリー

一夜を共にしたKEY(坂口健太郎)から「あんたとは恋愛できない」と言い放たれたことを引きずり、落ち込む倫子(吉高由里子)。 バレンタインムード一色の街で、幸せそうにキラキラする女子たちから逃げるように歩いていた倫子は、本命チョコを選んでいる小雪(大島優子)と出会う。
早速、香(榮倉奈々)も呼び出して話を聞くと、小雪はサラリーマンの丸井(田中圭)と付き合うことになったという。
だが、丸井は妻帯者だった。石橋をたたいて渡るタイプの小雪が不倫の道に進んだことに、倫子と香は言葉を失う。
一方、香も涼(平岡祐太)に彼女がいることを知りながら“セカンド”のポジションにおさまったことを告白。形はどうあれ恋愛が始まった二人に、仕事も恋もうまくいかない倫子は焦りを感じる。
ある日、小雪は商店街の抽選会で「高級温泉旅館ペア宿泊券」を引き当てる。 父・安男(金田明夫)には内緒で、丸井と行くことにした小雪は珍しく浮かれモード。その様子を見た倫子は、幸せそうな小雪に思わず八つ当たりをしてしまう。 そして、それが引き金となり、香も含めて言い合いに。3人は今までにない大ゲンカをしてしまう……!

www.ntv.co.jp

感想

早坂さんとマミちゃんが別れた方がストーリーよりびっくりしたんですが、そこで3人とマミちゃんとの年齢の差を表現したかったんだろうな。(あとマミちゃんのスタジャンに日本って書いてあったのがツボでした)
小雪にしろ香にしろ、自分のポジションを実感して落ち込むわけですが。
そんな中昔の三人のことを思い出して謝ろうとして動き出す倫子。途中でドラマ撮影中のKEYと遭遇し、KEYに言われたことに言い返し、ある意味スタートラインにたったのかなって感じでした。
まぁ、最後の最後でまた爆弾がKEYからあったわけで、また来週が待ち遠しくなりました。

んー初めて書きましたが、感想書くのって難しいなぁ。
続ければもっと上手くかけるようになるのだろうか…。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク