読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニンテンドースイッチのカートリッジがすっごく苦いらしいですよ

ついに発売になった、ニンテンドースイッチですが、このニンテンドースイッチの専用カートリッジがなにやらすっごく苦いらしく…
ニュースサイトを見たんですが、本気度合いが高くて、ちょっとフフッっとなってしまいました。

苦さの原因はギネス世界記録にも最も苦い物質として登録されている「安息香酸デナトニウム」

見たサイトはこちら。

www.gamespark.jp

www.inside-games.jp

任天堂さんの本気がうかがえる物質のチョイスですね…
ニンテンドースイッチのカートリッジのサイズですが、PSVITAのソフトやSDカードとほぼ同じ大きさらしく、子供が間違って飲み込んでしまう危険性があることからこのような対策をしているのでしょうね。
この苦さの原因は「安息香酸デナトニウム」という物質で、

これをヒトが口にすると非常に強い苦味を感ずることが知られており、ギネスブックにも最も苦味の強い物質として記載されている。ヒトはデナトニウムの濃度が10ppbでも、その苦味を感じ取れることから、誤飲防止の目的で殺虫剤・洗剤・不凍液・工業用アルコールなどに添加される。また幼児用玩具、microSDカード等の小型製品においても、誤飲などの防止を目的として表面に塗布されることがある(このため、日本では「食品添加物」として認可されている)。

とのこと。wikipedia(デナトニウム - Wikipedia)より

実は結構誤飲防止目的で使われている物みたいですね。他にも子供の爪を噛んだり指しゃぶりを止めさせる薬などにも使われているようです。

食品添加物ということで、体への害は少ないようです(無くは無いみたいですが。)。しかし、決して進んで舐めたり摂取したいものでは無いですね…

最後に

筆者は(多分)舐めることは無いと思いますが…
技術の発展と共に物自体が小さくなっていくと、子供やペットが食べてしまう・飲み込んでしまうといった事故が起こりがちですが、こういった対策をとっているというのは知りませんでした。microSDカードなんて本当に小さいですからね…

いよいよ発売されたニンテンドースイッチですが、CMとかを見たり紹介している記事を見ると外でも中でも同じフィールディングでプレイできるという本当にわくわくしてしまうハードですね。
筆者が買うのはすぐには難しそうですが…なんとか家庭内で説得できたら欲しいハードです。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク