読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京タラレバ娘 第7話

引き続き、東京タラレバ娘の第7話の感想です。
オンタイムではなく録画して見ています。ネタバレ要素ありだとおもいますので、筆者と同じように録画派の方はご注意を。

第7話のストーリー

恋も仕事も崖っぷちだった倫子(吉高由里子)に、早坂(鈴木亮平)から仕事の依頼が舞い込む。それは、早坂の地元でもある北伊豆町の町おこしPRドラマの脚本だった。 小さな仕事のため、正直気乗りがしないまま香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)と一緒に北伊豆へ向かう倫子。
だが、ドラマを企画した早坂の恩師・田口(田山涼成)たちの「ドラマを通して町の魅力を一人でも多くの人に届けたい」という熱い思いに心動かされ、一度書いた脚本を捨てて新たに書き直すことに!
翌日、撮影現場にはADとしてイキイキと働く倫子の姿が……。倫子は仕事の楽しさを思い出し、仕事への意欲を取り戻していた。そして、そんな倫子の姿にKEY(坂口健太郎)は何かを感じる……
一方、小雪は、丸井(田中圭)との不倫関係を父・安男(金田明夫)に知られてしまう……。

www.ntv.co.jp

感想

今話は倫子に関する話としてはただただ前向きで成功していて見ていてすごく気持ちが良かったです。それに比べて香と小雪は…
特に小雪はお父さんにばれてしまったのですが、大きく喧嘩をするわけではなく、仲の良い親子だけど父親のことをちゃんと尊敬していてって感じがでていました。

やっと早坂さんと恋が進みそうな感じになってきたわけですが、ある意味お約束的にキスシーンを目撃してしまったKEYとの今後の関係性が気になります。とはいえ、もう7話なんですが…あまり残り話数が少ないと思うのですが、この後どうなっていくんだろう。
ただもし筆者が倫子の友人であれば早坂さんとくっつくのが幸せなのかなぁと思うのですが。世の皆様はどう思うのでしょうか。

次話は倫子はもちろん、香と小雪もかなり話が発展しそうなので楽しみです。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク