読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京タラレバ娘 第5話

ドラマ

先週に引き続き、東京タラレバ娘の第5話の感想です。
録画して遅れで見ています。ネタバレ要素ありだとおもいますので、筆者と同じように録画派の方はご注意を。

第5話のストーリー

気づけば恋だけでなく仕事まで失ってしまっていた倫子(吉高由里子)。占いでも「あんたは完全に手遅れ」と言われ、厳しすぎる現実に落ち込んでいたある日、長身でイケメン、さらに性格もいいバーテンダー・奥田(速水もこみち)と出会う。
「運命の出会い?」と、あっという間に心惹かれていく倫子に、香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)は「結婚のチャンスかも!?」とはやし立てて盛り上がるが、 KEY(坂口健太郎)は「結婚は夢ではなく現実だ」と厳しい言葉を投げかける。
そんな中、早坂(鈴木亮平)から倫子の元に、『恋するシーズン』の脚本家が倒れたと連絡が入る。そこで急遽、複数の脚本家の中からコンペ形式でピンチヒッターを探すことになったというのだが、仕事のない倫子は迷わずチャレンジすることを決意。絶好のチャンスを逃すまいと不眠不休で執筆作業に没頭する……。 一方、香と小雪は、先の見えない現状から脱却しようと心に誓う。元カレの涼(平岡祐太)からの連絡をスルーする香。不倫相手の丸井(田中圭)と、もう会わないと決意する小雪。そんな二人だったが、心は揺れて……。

www.ntv.co.jp

感想

倫子と対照的にずるずるいってしまった香と小雪でした。いやー特に丸井はクズ野郎ですね…
あんな男にはならないようにしないと!なんというか。。。悪いほうにこなれていてもうっ!って感じ。
実は香がずるずる行って小雪が決別して対照的な感じになるのかなって勝手に想像していたので、ちょっと違う展開でしたね。
主軸はKEYと倫子だと思うのですが、これからどうなっていくんだろ。
今回登場の奥田さんがどういう人物なんでしょう。悪い人なんじゃないかと勘ぐってしまうのはもう筆者が毒されている証拠なんでしょうかね。
今話では、少し「こんなことないでしょー」ってなってる部分を感じましたが、まぁしょうがない部分ですね。
何はともわれ少し逃げ道にいきつつ、幸せな方向に行き始めた倫子がどうなっていくのか、また楽しみになってきました。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク