読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日2015/07/31はブルームーン!なんだそうですよ。文字だけ見ると青い月ですが…

気になったニュース

iPhoneで月を撮るのは難しいですね…

早いもので7月も最終日です。
さて、今日7/31は、珍しいブルームーンなんだそうですよ!
いや、月が青いわけではありません。もちろん、そういう月もあるようですが。

ブルームーンって?

ツイッターで流れてきていたりあ、話を聞いたりして、夜、空を見上げた人もいるはず。あれ?いませんか?何を隠そう、私もツイッターで流れてきたツイートのタイトルだけ見て空を見上げました。
そこには綺麗な綺麗なまんまるの黄色い月が…
青くないやんっ!! な訳ですが、今回はこれが正解。
実は今回のブルームーンは、ひと月に2回満月の夜がある事を指しているのだそうです。

もともと月の周期は大体29.5日で、月の日数とのズレから、たまに今日のようにひと月に2回、満月の日がある月があります。
前回は2009年12月、次回は2018年の1月がブルームーンなんだそうですよ。

ではなんでブルームーンっていうの?

調べてみると、実際に青い月はあるんだそうです。

Blue Moonとは本来青く見える月をさす言葉で、火山の噴火や隕石の落下時に発生するガスや塵などの化学物質の影響により 本当に月が青く見える様子をそう呼んでいました。 こうした現象は極めて珍しい現象であることから北米などでは「とても稀なこと」を表す慣用句として"once in a blue moon" などどして使われるようになったと言われています。

ブルームーンを見ようより

すごく珍しい事をブルームーンと呼ぶようになったみたいですね。
ちなみに1月がブルームーンの月だと、2月は満月がない月になるそうです。
上に書いたように2018年は1月がブルームーンなので、その次の2月は満月の日がないことになります。

最後に

いよいよ7月も終わり、夏本番の8月です。
今日もジメジメで暑い夜です。 暑い日が続きますが、体調管理はしっかりしていきたいものてす。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

星・月・夜空の撮影術 (玄光社MOOK)

星・月・夜空の撮影術 (玄光社MOOK)

スポンサーリンク