読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水筒で節約!象印の水筒を買って、節約生活始めました

でーん!!

暑くジメジメした日が続いてますねー。
こう暑いと汗もかきますし、喉も乾きます。
筆者は特に汗っかきなので、この時期は本当に辛いのです。
で、こんなに暑いとついつい買ってしまうのが冷たい飲み物です。冷たい飲み物って最高ですよね。
筆者はついついアイスコーヒーを買ってしまいます。 ただし、毎回毎回外で買うと、当たり前ですがお金がかかってしまいます。そこで、1日1杯分でも節約のために、水筒を買いました。

象印の水筒をチョイス

水筒もいろんなメーカー・種類がありますが、今回私が買ったのは、象印の水筒です。

ZOJIRUSHI 直飲み ステンレスマグ【0.60L】ブラック 軽量タイプ SM-SA60-BA

ZOJIRUSHI 直飲み ステンレスマグ【0.60L】ブラック 軽量タイプ SM-SA60-BA

この商品、筆者もamazonで購入したんですが、実際にホームセンターとかに行って色々と実物を見てみて決めました。

これに決めたポイントですが、

量は入るけどコンパクト

今回購入したのは容量が600mlの物ですが、容量と比べても、ちょっと背は高いですがだいぶコンパクト。さらにかなり軽量で、235gしかありません。

使いやすい

片手で蓋が開けられ、開閉ロックも、蓋をあけるボタンの近くですが別のところにあります。
この別にあるというのが筆者的にはポイントで、移動で持ち運びするときはロック、デスクにいるときは解除していたいのですが、開閉ボタンと同化しているような物だと、いちいち触らなければいけないので、煩わしいと思っていました。
この商品はそれが無いので気に入りました。

メンテナンスがしやすい

この蓋ですが、

ここまで分解することができます。今時の水筒はどれもこのように分解して清潔に保つことができる物が多いと思いますが、この商品もそれぞれ洗っていつまでも綺麗に使うことができます。形がシンプルなパーツが多いので、洗いやすいのもポイント。

見た目

この商品、黒と赤の2色しか出てないのですが、この黒は本体がマットな色で気に入ってます。仕事中に使うので、あまり派手なのも…と思っていたのでちょうど良かったです。

保温力

実は保温力についてはあまりこだわりませんでした。というのも、今時それなりのブランドで出ている物であればあまり大差は無いと思ったからです。
半日から1日、氷を入れていれば冷たい物が飲める、その位なら売り言葉を見ると、どのメーカーでも変わらないと思いました。

水筒持って毎日節約!

1日1本コーヒーを買うと、一杯約130円位だと思います。
これが月20日で2,600円、1年で31,200円になります。
うわー、冷静に書き出して見ると結構へこむくらいの額ですね。
実際は1日に何本か買って飲んでいるので、もっとかかってるわけです。
この水筒が今現在で約3,000円なので、1ヶ月ちょいで水筒代は元が取れるわけです。
実際は中に入れる物もあるわけですが、まぁそれでもせいぜい3分の1もいかないでしょう。年間水筒を持っていくだけで20,000円くらい節約になればかなりの節約では無いでしょうか。

最後に

洗い物が少し増えるのが難点ですが、少しの苦労で結構目に見える節約効果はあるんじゃないかと期待しています。
今は暑いので冷たい飲み物を持って行ってますが、寒くなってきたら暖かい飲み物を入れて持っていきたいと思います。いや、室内って結構あったかいから、冬でも冷たい物を持っていくかも笑
サイズも色々あるので、お気に入りの水筒を見つけて、気分も楽しく節約はいかがでしょうか。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ZOJIRUSHI 直飲み ステンレスマグ【0.36L】シナモンゴールド 軽量タイプ SM-SA36-NM

ZOJIRUSHI 直飲み ステンレスマグ【0.36L】シナモンゴールド 軽量タイプ SM-SA36-NM

ZOJIRUSHI ステンレスマグ【0.48L】パールピンク 軽量タイプ SM-SA48-PB

ZOJIRUSHI ステンレスマグ【0.48L】パールピンク 軽量タイプ SM-SA48-PB

スポンサーリンク