読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの花 がゴールデンタイムに実写ドラマで放送されるみたいですよ!

筆者が大号泣で見たフジテレビノイタミナ枠のテレビアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」通称「あの花」ですが、今年、ゴールデンタイムにスペシャルドラマとして放送するそうです。
これまた、賛否両論いろいろありそうですね…

あの花、とは

あの花はフジテレビ「ノイタミナ」枠で2011年春に放送されたテレビアニメです。
あらすじは、

幼い頃は仲が良かった宿海仁太、本間芽衣子、安城鳴子、松雪集、鶴見知利子、久川鉄道ら6人の幼馴染たちは、かつては互いをあだ名で呼び合い、「超平和バスターズ」という名のグループを結成し、秘密基地に集まって遊ぶ間柄だった。しかし突然の芽衣子の死をきっかけに、彼らの間には距離が生まれてしまい、それぞれ芽衣子に対する後悔や未練や負い目を抱えつつも、高校進学後の現在では疎遠な関係となっていた。
高校受験に失敗し、引きこもり気味の生活を送っていた仁太。そんな彼の元にある日、死んだはずの芽衣子が現れ、彼女から「お願いを叶えて欲しい」と頼まれる。芽衣子の姿は仁太以外の人間には見えず、当初はこれを幻覚であると思おうとする仁太であったが、その存在を無視することはできず、困惑しつつも芽衣子の願いを探っていくことになる。それをきっかけに、それぞれ別の生活を送っていた6人は再び集まり始める。

wikipediaより

本筋はある意味王道な、結末はすぐ読めるような話なのですが、それでも泣けるのです。
キャラクター(特にめんま)が良すぎるのも一つの起因なのではないでしょうか。

2013年夏には劇場版も上映されました。こちらはテレビアニメ版の後日談となっており、ただの総集編になっていないのが筆者的には嬉しかった。
もちろん、こちらも号泣しましたが。

ちなみに筆者はテレビアニメ版はリアルタイムではなく、結構あとの劇場版が始まった頃に見始めたのですが、一話から相方さんと一気見をしてからそのまま映画館に行って劇場版を鑑賞したのでした。
つまり一日で2、3回号泣したというわけです。
映画館ではつるこのポスタカードを貰いました。

実写化ですが…

筆者は比較的、アニメや漫画の実写化って好きではありません。と、いうのも、やはり実写化すると表現出来ない事が沢山あるからです。
特にアニメや漫画を見てなくて、実写化版を見てからアニメや漫画に行く分にはすんなり観れるのですが…
あの花はすでにアニメで見てしまったので…
と、言いながらも見てしまうのでしょうね。
そして、また号泣してしまうのでしょう。きっと。

フジテレビの発表はこちら

スペシャルドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』 - とれたてフジテレビ

各出演者の発表、そして出演者の方々のコメントが載っています。

最後に

上でも書きましたが、なんやかんや言って、見て号泣してまたアニメを見返すんだろうな、と思っています。
まだ放送時期は発表されていませんが、今年中の放送とのことで、楽しみに待ちたいと思います。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

素直にこのツイート、納得してしまった…

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 Blu-ray BOX(通常版)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 Blu-ray BOX(通常版)

スポンサーリンク