読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワイルド・スピード スカイミッションを見てきたので感想

f:id:nqumen:20150426233801j:plain
昨日のblogでも書きましたが、blogを書いた後、レイトショーで「ワイルド・スピード スカイミッション」を見てきました。
なるべくネタばれは避けたいのですが、無理だと思います・・・。楽しみにしている方もいると思うので、続きを読むでつたない感想を書きたいと思います。
続きを読む前で言えることは、すっっっごく面白かったです!
たくさんの面白そうな映画がやっているなか、どれにしようか迷っているのなら、ぜひオススメしたいと思います。
画像は劇場で貰ったステッカー。海外でのタイトル「Fast & Furious 7」の頭文字のステッカーですね。

あらすじ

前作においてオーウェン・ショウ率いる国際犯罪組織を仲間たちと打倒することに成功し、レティを取り戻すことに成功したドミニクであったが彼女の記憶喪失は戻らず、レティとの関係に苦悩する。また、息子のジャックの送迎を慣れない車で行うという平和な日々を送るブライアンであったが、かつての刺激を恋しく思う言動を妻のミアに打ち明ける。ミアは2人目の子供を身ごもっているが、ブライアンをより束縛してしまうのではないかと妊娠の件を打ち明けられていないことをドミニクに吐露する。
一方、ホブス、エレナが勤めるDSS本部のホブスの部屋に見知らぬ男が彼のPCをハッキングしていた。男の名前はデッカード・ショウ、元イギリス特殊部隊員で秘密諜報機関にも在籍していた男であり、オーウェンの兄でもあった。デッカードは弟の復讐のためホブスの端末からドミニク一味のメンバーを探知、手始めにホブスに手傷を負わせ去っていく。そして東京に移り住んでいたドミニク一味であるハンを事故に見せかけて殺害し、更にドミニクの自宅に爆弾を送り届け、木端微塵にした。入院しているホブスから情報を手に入れたドミニクは仲間の命を狙うデッカードを打倒することを決意。その前に東京へ飛んでハンの遺品を受け取り、アメリカで葬儀を行う。そこで葬儀の最中に現れたデッカードを追い、一触即発となるが直後に現れた特殊部隊によりデッカードは逃走。
特殊部隊はミスター・ノーバディと名乗る男が率いるアメリカ政府に属する秘密組織であり、ドミニクに対してジャカンディという男が率いる民間軍事組織によって捕えられたラムジーというハッカーの奪回を依頼する。ラムジーが開発した『ゴッド・アイ』という監視プログラムは世界中のあらゆる情報機器よりデータを入手することでどんな人物が世界中のどこにいようとわずかな時間で発見することができる代物であり、ノーバディの提案はラムジーと『ゴッド・アイ』の奪還に成功したらそれを利用してのデッカード打倒に協力する、というものであった。
ドミニクは了承し、ファミリー全員と未だ記憶が戻らないレティと共にアゼルバイジャン山中で移動していたジャカンディらの車両部隊へ空からの急襲をかける。

(Wikipediaより)

公式HPはこちらから

wildspeed-official.jp

感想

まず、本編が138分あり、結構長めです。(シンデレラは105分)ですが、よくCMでやっている、飛行機から車が落ちていくシーンが結構序盤に入ってます。
この時点で、「あれ?結構見所が最初のほうにある。後半の方ってどうなるんだ?」「まさか、尻すぼみ系?ポール・ウォーカーも大体半分くらい撮った所で亡くなったってあったし、ダラダラとした最後になるのかな?」と思っていたのですが、まったくもってそんなことなかったです。
空からのダイブはラムジー奪還の際に行うのですが、その後、ゴッド・アイを使ってショウを追い詰めるのですが、ゴッド・アイを逆に奪われ、狙う立場から、狙われる立場になります。
そこで、ホームタウンのロスに戻って迎え撃つわけですが、ここでも最後までド派手なカーアクション、銃撃戦が繰り広げられます。
最終的にはもちろんドミニク達が勝つわけですが、この作品、最後まで、裏切り者が出ないのが最近の映画で言うと凄いと思いました。
良いやつは最後まで良いやつだし、悪いやつは最後まで悪いやつのままです。そういう意味でも最後まで気持ちよく観ることが出来ます。逆に、いつ裏切られるんだろうと観ていた筆者は相当やられているのではないかと思いました・・・
あと、空からのダイブどころではなく、ビルからビルなど、車が空を飛びまくってます。
序盤にブライアンとブライアンの息子が「車は空を飛べない」というくだりがあるのですが、そんなことまったくありません。本当に飛びまくってます。それはもう最後の最後まで。
内容としては、ラムジー奪還とショウとの最終対決で、2部構成でもいいくらいの内容で、時間に対しても本当に最後まで飽きずに見れました。
また、最後にドミニクとブライアンが運転でこの先の人生を分かつ旨の語りがあり、ここではつい泣いてしまいました。これでブライアンとはお別れなんだと。
結局、最後まであまり亡くなった事を意識させることなくストーリーは進むし、だからといって変に居なくなったりともしません。(ポールの弟2人が代役で出ていたとの事で、それで最後までブライアンが出ているという形が取れたんでしょうね。そこは嬉しかったです。)
筆者のつたない文章力ではまったく面白さが伝わってないと思います・・・そこが本当に悲しいのですが、本当に面白い映画でした。
筆者的に星5つです!

今後は?

第8作が2017年に公開されるということで、また新しいワイルド・スピードが観れると思います。(どんなキャスティングかは分かりませんが、ヴィン・ディーゼルが発表しているので、彼はでるんでしょう)
そちらも楽しみにしたいと思います。

最後に

上でも書きましたが、長文を書いていますが、筆者のつたない文章力では上手く表現はできてないとは思います。
ぜひ、劇場に足を運んで、スクリーンであの大迫力のアクションを見ていただきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク